×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天市場に出店する前に 〜ネットショップで起業したい方が事前に読むと役立つ情報〜


2008年秋のリーマンショック以降、日本経済の低迷は2年後の現在でも続いており、
大企業を中心にリストラによる失業者が増えてきています。
日本経済は低迷していると言うのに、ドルやユーロより円のほうが安心と言う流れから
過去最悪の円高水準となり、日本の主要産業である輸出産業に二重のダメージを与えています。

この不況のあおりを受けて、退職・転職を余儀なくされる方も多いかと思います。
また、早期退職制度を利用して新たなビジネスを展開しようとしている方もいらっしゃることと思います。

再就職先を探そうとしても、良い条件ではなかなか見つからないのが現状です。
それであれば、いっそのこと起業しようと言う方もいらっしゃるでしょう。

では、どのようなビジネスで起業するか?

いろいろありますが、リスクが少なくコストもそれほどかからず始められる手軽なビジネスとしては、
「ネットショップ」があります。
ホームページが作れて(外注でも構いません)商品の仕入ができれば、
すぐにでもお店をネット上に開けます。

ただ、ネットショップを開店すればすぐ売上が上がるのかというと、
そうは簡単にはいきません。
販売する商品にもよるとは思いますが、
実店舗同様、宣伝・広告をしなければ、お客様がお店に気づいてくれません。

特に、ネット店舗の場合、お店にアクセスしてくれないと
店舗の存在すらお客様に知らせることができませんので、
如何にお店を宣伝できるかで勝負が決まるといっても過言ではないでしょう。
単独の店舗ですと、コストもかからずリスクも少なく参入しやすいのですが、
上記のようにお店の宣伝にかなりのコストがかかります。
そういうお店のために、楽天市場のようなネットショッピングモールがあります。

ネットショッピングモールとは?

買物かごの設定、決済代行、さらにモール(デパートや商店街のようなお店の集まり)での
商品の露出まで、ネットショップに必要な全ての機能を備えているシステムを運営している
会社が提供しているモールです。

日本で最大のネットショッピングモールは「楽天市場」です。

ここに出店すれば、モールを訪れる多くのお客様があなたのお店を見に来て、
気に入った商品があると購入いただけるので、即、販売につながる可能性が高まります。

ネットショップで起業をしようと言う方は、その程度のことは良くご存知かと思います。

ただ、実際に楽天市場に店舗を出店させてみると、
出店前には想像できないようなことが多々あります。
コストをいくらかけても良いというお店でしたら問題ないと思いますが、
ある程度コストセーブしながら売上を上げたいと思っている方には、
これからお話しする内容(本商材)を事前に理解していただいたたほうが良いかと思います。

どちらかと言うと、現在は別の仕事をしているが独立してネットショップをやってみようと考えている方、
すでに退職してネットショップビジネスの勉強を始めている方などには良い内容かと思います。
ある程度ネットショップビジネスに興味があり、セミナーなどに参加していろいろ調べている方、
楽天市場には出店していなが、ネットショップビジネスを実践している方などには、
ちょっと物足りない内容かもしれませんが、楽天市場に出店予定で、まだ出店していなければ
ある程度参考になると思います。

楽天市場への申し込み前の担当者との会話から始まり、
実際に店舗を開店して売上が上がるに至るまでに感じたいろいろなことをまとめています。

これからネットショップでビジネスを始めようとしている方へは貴重な情報になると思いますので、
是非、お読み下さい。

これは例えですが、楽天市場に出店する場合、最低、15万円ほどお金がかかります。
ライトプランの場合で、3ヶ月間の利用料金です。
本商材に書かれていることが全てではありませんので、
本商材書かれている情報のみで判断されることはなさらないでいただきたいのですが、
楽天市場へ出店するかどうかを迷っていらっしゃる方が本商材に記載の情報を元に
どうするかを判断できた場合、それ相応の価値があるかと思います。

そこで、このような価格にさせていただきました。

 

1,000円(税込)
(PDFダウンロード版 全35ページ)

ご購入はこちら






いろいろな情報源の一つとしてお読み頂き、
皆様の今後のビジネスに有効活用していただければと思います。
 <特定商取引に関する法律に基づく表示>  <お問い合わせ>